FC2ブログ

10年たっても飽きない音楽(7)  Cheb Khaled / Kutché (1988), Khaled(1992)

飽きない度:20年

ゴルバチョフがペレストロイカを始め、東京ドームが完成した頃。
光GENJIが「ガラスの10代」を歌い、
ブルーハーツが「TRAIN-TRAIN」と叫んでいた年──。
そんな時代に「アラビアのファンク」として紹介された音楽がある。
それが北アフリカのアルジェリアで生まれた音楽、ライ(またはPOPライ)だ。

ライは元々砂漠の遊牧民であるベドウィンの音楽と、アルジェリアの都市部の音楽が
結びついたもの。それがワールドミュージックの影響で、ロックやジャズ、ファンク
など様々な音楽と混じり合い、またテクノロジーも導入され、新しいダンス
ミュージックとして生まれた。

そのライの帝王と呼ばれる男、それが今回紹介するCheb Khaled(シェブ・ハレド)である。
ビジュアル的にはアラブのおっちゃん顔なのだが、非常にエッジの立った、
洗練された音を披露してくれるのだ。
まずは'88年のアルバム「Kutché」から「Baroud」。
残念ながら映像が変わらないので、しばらくこの濃い顔につきあってほしい(笑)



さて、どうだろう。

意外とメロディアスだし、リズムもシャープでなかなかいいでしょ。
ハレドの声も渋いし、トランペットソロもスリリングでしょ?

Read more...

スポンサーサイト