FC2ブログ

LDKを美術館に! PROJECT 9 「踊るテーブル」

前回の「リビングを美術館に!PROJECT 8」で紹介した
ダイニングセットをイメージして、郊外のインテリアショップに出かけた。
確か2月の終わり頃のことだった。

イメージしていた方向がスタンダードな方向なので近いものは何点かあった。
でも、なぜかそれらのテーブルに反応できない。
悪くはないんだけど、失敗はしないだろうけど
新鮮味を感じない。普通にしか映らない。

好みが見つからずフラストレーションを感じ出したとき、
ガラスのダイニングテーブルを見つけた。それがコレ(↓)

PlayTable.gif

イタリアのCalligaris(カリガリス)社のテーブル「PLAY」である。
価格も手が出せない範囲ではない。天板が白に近いソーダカラーなので、
部屋が明るくなりそうなところが気に入った。
脚部は、向かいあってツイストを踊っている女性の足を
モチーフにしたようなデザイン。なかなかおもしろい。

店ではこれでもいいかと思ったが、家に帰って改めて考えるとちがう。
ウチのLDKに、ガラス&木はありだけど、
ガラス&メタルはやはりない。浮いてしまうだろう。

ウチのLDKは、北欧系やリゾート系、ミッドセンチュリーなど、
モダンはモダンだが、いろんなモダンがMIXされている。
ベースカラーを明るめの茶系にすることで、統一感が成り立っている。
そこを考えると、このテーブルは方向性が異質。茶色に対してガラス天板の
色味は合わなくはないが、脚部のサテンシルバーの質感が合わないのである。

まあ、こういう大物家具は簡単に交換できないし
少しでも迷いがある時はやめるのが鉄則。
たとえ違和感は少しでも、それを見るたびに
そして買い替えるまで、居心地の悪い気分が続くのである。

これはこれでいいテーブルだっけど、ご縁がなかったのである。

スポンサーサイト