FC2ブログ

懐かしい写真

以前撮った写真も、載せておこうかなと。
シロウト写真の、いい加減なものだけど
日の目を当ててあげてもいいかなと。

新緑の頃

なんてこと無い、どこでもよく見る1枚。
この頃はNiconのCoolPix E950を使っていたっけ。
このカメラが写す色味が好きだった。
いちおう季節を考えてのアップロード。


嫁釣岩魚

今度はヨメさんがフライで釣った1枚。
神奈川のとある渓流。すごくきれいなニジマスだった。
ニジマスというと外道とさげすむ人もいるが、
自分たちにとっては問題なく素敵な釣果である。

色の再現がWebブラウザでうまくいかないが、
魚体がキレイで好きな1枚だ。
釣れた瞬間、取り込んだ瞬間はとても楽しい。

でも、フライを外してリリースしてやるまでは
イワナやヤマメ、ニジマスにゴメンねという気分である。
じゃ,釣るなよと言われてもおかしくないが、
魚の顔を見たいのだ。ハゼドンみたいなサ、
けっこうカワイイ顔をしているんだよね。


ハイジたちと夕陽

そして、こちらに至っては季節感さえも無視(汗)
何年か前に、年賀状用に撮影した写真。肝心のフィギュア、
特にハイジにピントが来ていない失敗写真。
でも、近所の公園に出向いてこの写真を撮ったシーンはよく覚えている。
12月半ばのすごく気温が冷えた日だった。寒すぎて集中力が欠けて
家に戻ってからピントを外していたのに気づいた。
ちなみにこのフィギュアはコカコーラ社のベタ付けプレミアム。
このせいで、爽健美茶がキライになるほど飲む結果になった^^;

やっぱPhotoshopで色調整したのと全然違うし、
色がかなりドス黒くなるよねえ。
ちょっとネットで写真を見せる人の
ノウハウを調べなきゃ、って思います。

とりあえず、今日はこのぐらいにしようっと。

スポンサーサイト



何かを変えるかもしれない、ある発見

物事の角度を少し変えてみるだけで、
全く新しい世界が生まれてくることがある。
たとえば…。


偉大な発見したのは、漫画家の小田扉(おだとびら)氏。
氏が週刊ビッグコミックスピリッツで執筆中の
「団地ともお」の1コマにそれはあった。



団地ともお 11 (11) (ビッグコミックス)団地ともお 11 (11) (ビッグコミックス)
(2007/12)
小田 扉

商品詳細を見る


上記の中には収録はされていないが、最近のコマの中にこんな記述がある。


   「スーガクって何で数字じゃなくて、
    xとyを使うの?」


   「気に入らなきゃ、
    ♥とか♨でもいいのよ。」



たかが漫画と思うなかれ。この小さな1コマがこれからの数学や科学を
大きく変えてしまうかもしれない、そんな新たな視点なのである。



Read more...