FC2ブログ

LDKを美術館に! PROJECT 17 「甲殻類系チェア」

コスキネンチェア_main_blg

このイスの美しさを、何にたとえたらいいのだろう。
ダイニングのイスをヤコブセンのセブンチェアから
方向転換させたのは、このイスだった。

コスキネンチェア1_blg

このイスの名前は、「ハッリ・コスキネン チェア」。
PROJECT 15「 日本発、もうひとつのチョイス 」で紹介した
nextmaruni CHAIR MUSEUMの中の1脚だ。

         Click!
         ↓

nextmaruni_468*100

                


デザイナーであるハッリ・コスキネン(Harri Koskinen)はフィンランド生まれ、
事実上、現代の北欧デザインを代表するデザイナーのひとりだろう。
MOMAのパーマネントコレクションである
ブロックランプ(MOMAストア)イッタラのキャセロール
デザインを通してご存知の方も多いと思う。



コスキネンチェア2_blg


では何がセブンチェアではなく、このイスを選ばせたのか。

シンプルな線と面の構成に、
生物的な存在感を感じたのである。

ここには甲殻類的な美しさがある。
たとえば南伊豆の名物でもある高足ガニのような、
あるいは甲殻機動隊などのSFアニメに登場する
メカニカルな生命体にも思えてしまう。

他のイスでは感じられないそのイメージは
木材の組み方から来ていたのである。

Read more...

スポンサーサイト