ダッチオーブンで、節約料理

塩鮭のスペアリブ

小ネタです(笑)
ただ、そのコストパフォーマンスがナカナカなので、ご報告まで。

材料は先週購入した、塩鮭のアラ。
中骨だけが大きめのパックにぎっしり入って、なんと100円。
捨てる場所も多いけど、500gはありそうな重量だった。

上の写真は今朝のメニュー「塩鮭のスペアリブロースト」の調理風景。
わかりやすく言うと塩焼きだけど。
普通に焼くより、おいしかったような気がする^^;

この分量で、買った量の約4割。光熱費ヌキで約40円。
先週は、この下にスモークチップを入れて、薫製に。
こちらもうまかった。

投資100円とは、おいしすぎる食材でした^^




スポンサーサイト

無水調理って、スゴイなあ

無水調理コーン_web

前回の「カンタン!横浜中華街風蒸し鶏」のサイドメニューで作った
じゃがいもの無水ローストには、ホント感動した。
ゆでたじゃがいもとは比較できないぐらいうまい。
素材のうま味ってこういうものなんだね^^

ダッチオーブンの輻射熱で、じゃがいもの皮の中で
じゃがいもが本来持っていた水分だけで茹でられる、そんな調理。
そりゃあ、うま味もこぼれないし、味気ないワケがない。

そこで土曜日にとうもろこしで再挑戦。
10インチスーパーディープは別メニューで使用中だったので
天地の浅いダッチパン10インチで加熱。
底網をひっくり返してスペースを稼いでやっとフタができた。
鍋底と近いのでコゲは付いたが、この方がうまいよね^^

フタを加熱せずに始めたので、40分ほどの調理。
黄色いとうもろこしよりも甘みがあっておいしい
ホワイトとうもろこしが、信じられないぐらいの深い味わいに。

野菜の味って、ほんとは濃いんだ。と再確認させられます。
煮込みもいいけど、普通にローストも、かなりいいです!^^





サルデーニャ島風チキンの煮込み_web

Read more...

わが家の鳥たち

Bird_Pot_web.jpg

分るかなあ、
クチバシと眼がちゃ~んとあって、
取っ手のところが広げた翼をイメージしてる、と思うんだけど・・・。

このポットは魔法瓶。国産のものと比べると、保温能力は少し弱めですが
テーブルを鮮やかに飾ってくれるから、全然OK。
保温力も、もちろん実用の範囲ですよ^^



Chicken_Spray_web.jpg

続いてクルマの窓拭き用に使っている霧吹き。
これなんてニワトリに見えませんか?
ブロイラーではなくコーチンなどの地鶏系かなあ。
ホームセンターで手に入れました。



Duck_on_the_Door_web.jpg

もう1枚ないかなと探していたら、見つかりました。
自宅のトイレのドアにアヒルを発見。顔グロですけどね^^;

「ツール・ド・ご近所」も、いいよね

ちょっと最近サボりすぎで、すみません^^;

飲みだとか、オリンピックだとか、いろいろな理由ありますが、
まあ忘れられるといけないので、中継ぎ的な記事を登板させますね!
ほとんどがケータイで撮った、ゆるゆる写真なんですけどね^^;




Rou de Cyclo

この土日の一番の目的は、「ヨメ車買い」^^;

運動不足解消のため、自分用の自転車を6月に買ってから、
風を切って走る気持ちよさのトリコ。
以来、取り組んできた"家庭内で信者を増やす"というオペレーションが
ようやく実を結んだというワケだ^^

自分が買った自転車はクロスバイクというもので、
ロードレーサーとマウンテンバイクの中間のモデルとのこと。
専門店の人に勧められ、初心者向きで、
価格の割にパーツがいい(らしい)という
GIANT Escape R3というモデルを買った。


birdy3号_web

コレに乗ると、今まで乗ってきた自転車って何だったんだ~!
というほどスイスイ走って、すごく気持ちいい。
それ以来、自転車信者に変貌し、ヨメさんに宣教運動を展開。
自転車いいよ~っと耳元で暗示を唱え続けて3ヵ月。
ついについに購入の運びとあいなった^^


Sky_#223;in_Rain

買えばすぐ試したくなる、というのが人の常。
しかし、午後からの雨に新車をさらしたくない、という意見も当然。
なので今回は実車の写真はない。今週末ぐらいにお披露目するかな。

自転車がブームになって、スポーツタイプの
バイクを選ぶ女性も増えてきているらしい。
しかし、まだまだ女性向けの本格バイクという選択肢は少なそうである。
フレームの形状をどうするか、買い物カゴ等の設置をどうするか。
ママチャリから脱したいけど、日常のお買い物の利便性も大事。
そんな人への回答が、まだまだ少ないように思える。


レディスバイク選びに関しての試行錯誤は
実車の写真とともに紹介しようかなと思う。
その方が分りやすいし、本人もママチャリとの違いを
乗っていないから実感できてないしねえ^^;


これからは、スローな暴走族として「ツール・ド・ご近所」へ。
近距離のオモシロイ風景など探索する予定です。

もちろんカメラぶら下げてね^^

ペンちゃん、花火大会へ行く

8月16日土曜は、多摩川花火大会。
ほぼ毎年欠かさず出かけている、夏のイベントだ。

花火のドーンと腹に響く音と
視界一杯に広がる光の軌跡もキレイだが、
今回はもうひとつ別に楽しみがあった。

それはモデルを起用したPHOTOレポート。
早い話が風景の中にフィギュアを溶け込ませた写真である。

さてさて第1弾は皇帝ペンギンのペンちゃん。
東急ハンズで約750円もの大金を投入し
スカウトしたスーパーモデルだ。

まずはカメラテストを兼ねて、多摩川花火大会へ。
さてさて、どうなりましたでしょうか?


花火大会2008_web


Read more...

10年たっても飽きない音楽 (10) 芸能山城組 / Symphonic Suite AKIRA




AKIRA
大友克洋によるSFアニメとしてコミックだけでなく
映画としても世界的なヒットをした作品。
この映画を見た人も多いとは思うが、
その音楽を覚えているだろうか?



近未来の荒廃した東京(ネオ東京)を舞台に描かれたSF映画の
音楽を担当したのは芸能山城組(*1)。このキャスティングは脱帽ものだ。


 近未来SF × ジェゴグ(*2) × ねぶた = AKIRA


これは言い換えれば、「近未来 × 原始」でもある。
こんな数式を構築できるのは、時代をつくり出せる人だけが持つ感覚。
一見、互いを否定し合うような組み合わせは
大友克洋の計算によるものか、感覚によるものかは知らないが
その温度差が、荒廃や戦闘の中でスリリングに疾走する
生命のエネルギーを描いているように感じる。

ヘリコプターの羽根がうなる空間に
部族の戦闘の踊りようなジェゴグの重いビート。
そこに祈りのように響く合唱。
街、炎、欠片、力、光…。
コトバの断片が瓦礫の上に積み重なり、
それらはエネルギーに姿を変え、
狂乱の祭りへと昇華されていく。

楽器としての人声が、こんなにもエネルギー豊かなものだと
これを聴くまで思っていなかった。


  *1 芸能山城組とは、山城祥二をリーダーに
     社会人や学生などで構成された非プロ組織で、
     合唱や唱法など主に肉声を使った表現活動を行っている
     芸術集団である。ミュージシャンという枠ではくくれない
     説明が非常に難しい存在なので、詳しくはココを見て欲しい。

  *2  ジェゴグとはインドネシア バリ島の民族楽器で、
     いわゆる竹のガムラン。超低音から中音域まで、
     巨大な竹を叩いて生み出されるアンサンブルは
     プリミティブで骨太。まさに骨にまで響くパワーである。



さらに知りたい人は、こちらから
戻れない冒険の旅へ、どうぞ^^


Symphonic Suite AKIRASymphonic Suite AKIRA
(1994/10/21)
芸能山城組

商品詳細を見る


カンタン! 横浜中華街風蒸し鶏

中華街風蒸し鶏_web

先週末、とある事情でケガをして、カラダもまだ痛く、
手もあまり濡らせない状態。できることといえば、
ブログの更新と手間のかからない料理ぐらい。
そうだ! ダッチオーブンにはまる前、
料理の魅力を教えてくれたメニュー「蒸し鶏」がある。


中華街で食べる蒸し鶏が好きで、あれを何とか家庭で、
それも日常的に食べられるようになりたいと、常々思っていた。
その欲をバネに、ネットでレシピを探しまくり、
試行錯誤を繰り返し、自分なりにレシピをアレンジ。
まだまだ発展途上だけど、食べてくれた人は
中華街風の蒸し鶏だと納得してくれるようになった。



「皮や脂はぷるるん、肉質もやわらか。
 噛むとジュワーっと肉汁がしたたる。
 あっさりなのに、濃厚なおいしさですよ。」




・・・というと
本格的で大へんそうに聞こえるかもしれないけど、
これ、意外とカンタンあるよ。
興味ある人、続き見るよろし。


Read more...

PENG ! PENG ! ペンギン

前々回の記事「サカナ サカナ サカナ」のオマケ画像集です。
中庭のプールにはイワトビペンギンが大量にいました。


油壺マリンパーク_080728_020_web
                         気合い十分のプロレスラー



  マリンパーク_ペンギン2_web
                        まさに水を得たペンギン



    DPP07D808020D1E27_web.jpg
    飾り羽がないのはまだ子どもなんだけど、大人に近いのか
    数々の修羅場をくぐってきたようなツラ構えですね^^;



    マリンパーク_雛鳥
    それに対してヒナの方は、まだあどけない顔をしています。


    マリンパーク_雛鳥2
    ねむると、こーんなブス顔に^^:
    ちなみに、この子の名前はペンペンで、現在一番人気だそうです。


    尚、ペンギンの腕(羽?)に付けられているのは、
    識別用のタグで、名前が書いてあるんですよ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。