FC2ブログ

1年間、つきあえるモノかどうか。

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」

言うまでもなくこれは、川端康成の小説「雪国」の有名な書き出し。
そんなコトバを思い出すような、カレンダー探しの
長く苦しい旅が終わったのは、2006年の1月15日。
銀座ITO-YAのカレンダーフェアの最終日のことだった。

Drawed Room


――――と言うほど、大げさではないんだけど^^

それまでは、毎年のようにカレンダーを探しに
2度3度と出かけるのだが、気に入ったものと出会えない。
収穫がないのが続くと、焦りや疲れもジャマをする。
「これがいい」を探しに行ったのに、
「これでもいいか」を買って帰ることも多かった。


リビングに飾るカレンダーは、インテリアでもある。
一年を通して部屋を飾るわけだから、
デザインクオリティは重要だ。
アートをカレンダーにしたものも多いのだけれど
後からカレンダー部分を追加しただけで、
デザインとしての一体感を考えていないものも多い。


それに予定などは書き込めなくていいし、
仏滅や友引などそんな情報もなくていい。
そういう実用の部分は、冷蔵庫に
マグネットで貼っつけて使うものや、
トイレに掛けるカレンダーで十分だ。
(ウチがマジそうなんだよね^^)

また大自然をテーマにしたもの、
犬やネコのかわいさを追求したもの
筆文字で人生訓を謳うものも、それはそれでいいんだけれど
自分がリビングに飾りたいものとは温度差がありすぎて
やっぱり選べない。


HANNAHカレンダー

そんな悩みから救ってくれたのが、
写真左側の「ハンナ ポスター カレンダー」の2006年版。
右側にあるのは2007年版と2008年版だ。


アフィリエイトでも何でもないんだけど
nextmaruni とこの HANNAH POSTER CALENDAR だけは
勝手に紹介したいアイテムなんだよね^^;





Read more...

スポンサーサイト