幸腹のレシピ




IMG_2937_鶏肉のカシューナッツ炒め

鶏肉のカシューナッツ炒め



中華を食べるといつも、
中国人って本当に料理の天才だなと思う。


この旨みをどうやって出してるんだろうと思うものの
いざレシピを探して作ってみると、それほど珍しい材料じゃなかったり。
今回の料理だって、そうだよな。

Read more...

スポンサーサイト

ただの手品と思うなよ





チープなセット、
時代遅れのエレポップ、
80年代以前?と思えるほど古くさいフォント
これらには、すべて理由があります。

こんなよく見かける手品を
YouTube で見ること自体、不思議でしょ?
2年ほど前の映像作品のようですが、それをなぜ紹介するのか。

意外や意外、結構楽しめますよ!




タイポでゴー!




門



お気楽タイポグラフィで遊んでみました。

構想から完成まで、わすかに30分あまり。

ちょっとパーマンに似てるけど「門」です。


おやおや、よく見ると監視の目が光っていますね。

手ぶらじゃ通してくれそうにありません。

ココを通してもらうのに、必要なものはとは・・・



答えは、こちらにあります。



ポタマル96 小さな門番


久しぶりの、ポタマル告知記事でした(笑)おそまつ



お鍋の問題。




夏が終わって久しいのに、
「大葉とヨーグルトの冷製スープ 」の記事のまま
長らく放置していましたね。どうもすみません。

急ごしらえで中身が薄いかもしれませんが、
季節ネタでまとめてみました。



お鍋の問題




みなさんちの定番鍋は何ですか?
ウチの場合は去年までは「水炊き」に「きりたんぽ鍋」、
そして「さんまのすり身鍋」でした。

特に「さんまのすり身鍋」は食べだすと箸が止まらない。
翌日にはうどんを入れて食べるので出汁は減らしちゃいけないんだけど
ついつい鉢に入れた出汁まで飲んでしまうほど。



さんまのすり身

しかし宮城県の女川町を襲った大津波が原因で
「さんまのすり身」が手に入らなくなりました。

幸いにも製造元のヤマホンさんは被災されたものの
全員ご無事で、この7月に営業を再開されたとのこと。
「さんまのすり身」の復活を待つことにしました。



とは言え定番鍋の一角が崩れたため、代わりとなる存在が欲しい。
鍋はいろいろあるけれど、骨太な旨さのある鍋がいいな。
そう、ピンチヒッターではなく、レギュラーの座をとれる鍋ね。


今年の秋冬は、定番鍋探しの季節へ。
最初に試した鍋はこちらでした。
《続きを読む》から、どうぞ。

Read more...

夏のいやしごはん6「大葉とヨーグルトの冷製スープ 」




新しいスープ


    マズそうでしょ

    きっかけはNHK「ためしてガッテン」の大葉特集でした。
    この番組を見るまでは、こんなレシピを聞いたら、
    鼻で笑ってましたよ、鼻でフン!てね(笑)


    百歩譲ってウマいとしても、
    どうにもこうにもアタマの中で結びつかない。
    "メロンの生ハム載せ” というメニューを
    初めて聞いた時みたいに・・・。


    でもね、青じそと牛乳の組み合わせ、
    スゴいんだそうです。
    犬猿コンビで作ったババロアを、
    おいしいなんて答える人がいる始末!!


    それ、ホンマにありなんかぁ?
    信じてええのんかぁー?
    
   検証






Read more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。