カメラと一緒に信州へ (2)

八ヶ岳連峰_blog

八ヶ岳連峰
駒ヶ根を後にして、野辺山へ。
この日はよく晴れて八ヶ岳がキレイに見えていた。ここは何故だか
北海道を思わせる風景が多い。広大な農地に巨大なトラクター、
藁玉?(干草をまとめてビニールにくるんで丸くしたもの)など
いろんなものが北海道のイメージで語りかけてくる。錯覚を起こし
そうになる不思議な感覚だ。



小海線野辺山付近の踏切_blog

空にとける踏切
これはJR小海線 野辺山付近の踏切。野辺山駅は日本で一番高地にある鉄道の駅
らしい。隣の清里と野辺山の間にJRの最高標高地点(1375m)があるとのこと。
青い空に伸びる黄色と黒の踏切が、空を指差しているようだった。



野辺山の海_blog

標高1300mの海
これも野辺山から川上村へ行く途中に撮った写真。畑を覆うグレーの
ビニールが風に揺れて、さざ波を立てているようだった。川上村は
レタスの産地として有名らしい。これもレタス畑かもしれない。



鯉のぼりbest

風にのって泳げ!
睡魔に襲われ、急遽立ち寄った南清里道の駅。
そこには500匹の鯉が群れをなして泳いでいた。
どうやら鯉のぼり祭が開催されていたらしい。
そういえば、この日の千曲川でのフライでは
何尾かイワナの姿を見ることができたものの
ノーヒット。目撃した魚の数だけ大漁だった。


Comment

こんばんは。

春の信州の景色は本当にすばらしいですね。
まるで北海道のそれを連想させる感じがしてなりません。
コメントありがとうございます。気仙沼なんですね。大島にわたったことはありませんが、一度行ったことがありますよ。落ち着いたらマツタケ仙人さんのブログを、ゆっくり散策してみますね。^^
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。