LDKを美術館に! PROJECT 13 「X-Day」

ネクストマルニ_タグ


この「LDKを美術感に! プロジェクト」を始めたのが3月中旬。
ダイニングセットを探す過程を紹介するためだった。
実は最初の記事を書いたのは、買うものを決めた日だったのである。

目的は奮闘記のレポートではない。
自分たちが見つけたモノたちやその価値を
そしてイタリアや北欧に匹敵する選択であることを、
もっと多くの人に知らせたいと思ったからである。
特にその価値がまだまだ知名度が低いことに疑問さえ感じるのだ。

先日,ある建築家とお話しする機会があり、
そのチョイスを話してみたところ、知らないとのことだった。
小さなデザインハウスで行われているモノではない。
メーカーは価値ある製品を送り出していると思うのだが、
その価値をPRする人員なのか、資金なのか、作業なのか
それが足りていないのかもしれない。

これまでずいぶんと話を引っ張ってきたが
そろそろ名前を明かしてもいいだろう。

その念願のイスとテーブルが、本日わが家に到着するのだし。
このカテゴリの名前「LDKを美術感に!」というコンセプトも
知ってもらえば解る世界だと思うし…。

それは・・・



ネクストマルニ_タグロゴ

このブランドについては、続くエントリで紹介する。
ヒントだけ言っておくと、日本を代表する家具メーカーのひとつ
マルニ木工が新規事業として、建築家でありデザイナーとして知られる
黒川雅之氏をプロデューサーに迎え進行しているプロジェクトである。

今日はここまでにさせてほしい。
なんせ、明日の午前中には念願の品が着くのだから。

知りたい人のために、nextmaruniのサイトだけ知らせしておく。
ここのギャラリーで見たHarri Koskinen のアームレスチェアに
自分たちはイカレてしまったのである。
時間があれば見てほしい。

nextmaruni CHAIR MUSEUM

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。