LDKを美術館に! PROJECT 17 「甲殻類系チェア」

コスキネンチェア_main_blg

このイスの美しさを、何にたとえたらいいのだろう。
ダイニングのイスをヤコブセンのセブンチェアから
方向転換させたのは、このイスだった。

コスキネンチェア1_blg

このイスの名前は、「ハッリ・コスキネン チェア」。
PROJECT 15「 日本発、もうひとつのチョイス 」で紹介した
nextmaruni CHAIR MUSEUMの中の1脚だ。

         Click!
         ↓

nextmaruni_468*100

                


デザイナーであるハッリ・コスキネン(Harri Koskinen)はフィンランド生まれ、
事実上、現代の北欧デザインを代表するデザイナーのひとりだろう。
MOMAのパーマネントコレクションである
ブロックランプ(MOMAストア)イッタラのキャセロール
デザインを通してご存知の方も多いと思う。



コスキネンチェア2_blg


では何がセブンチェアではなく、このイスを選ばせたのか。

シンプルな線と面の構成に、
生物的な存在感を感じたのである。

ここには甲殻類的な美しさがある。
たとえば南伊豆の名物でもある高足ガニのような、
あるいは甲殻機動隊などのSFアニメに登場する
メカニカルな生命体にも思えてしまう。

他のイスでは感じられないそのイメージは
木材の組み方から来ていたのである。

コスキネンチェア背もたれ


コスキネン背もたれ

通常のイスと違うのは、脚部に使う角材を、45°振ってあるところ。
上の写真の背もたれ部分と、縦に伸びる支柱の関係を見れば分かると思う。
それが木製としては非常にシンプルなデザインを生み出してる。

そして2枚目の写真を見てもらいたい。
背もたれとして横に走る2本の角材が
デザインのモチーフとして反復されている。
座面を支える木として、細い脚部を補強する木として
クロスに交わり強度を生み出している。

見事としか言いようが無い。

   ・  ・  ・

まあまあイスのデザインも大事だけど、
イスの本分である座り心地も大切。

それについては、パーフェクトの印象。
計算された軽い座り心地というのだろうか。

このイスを4脚揃えたとしても、機能的にもデザイン的にも
十二分に満足していたと思う。


   125*125_nextHA_1

Look!
Harri Koskinen Chair Gallery (nextmaruni CHAIR MUSEUM)


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。