野鳥の保護について(2)  間奏的な記事ですが

野鳥の保護についての続編を書くにあたって、
先に書いておきますね。読む人が構えてしまうといけないので。

前回書いた「悲しい記憶を引き出すもの」というのは
救出したヒナのことではありません。
ヒナは元気にどこかを飛び回っているのでご心配なく。

悲しい記憶というのは、たまたまそこに
タイミングが合っただけのことなんですね。
でも、それがスズメのヒナのことと関係あるのか
偶然なのか分りません。一般的には偶然でしょうけれど^^;

また、この記事を書くのを
来年の5月にしようと思っていたんだけど
書くことにした出来事もあったりします。


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。