不思議のとびら

あじさいの寺_ガラス模様


最近買った自転車をテストドライブ中に、近所のお寺に行ってみた。
あじさいでそこそこ有名な場所らしいが、
この写真を撮った約2週間前は、まだ見頃を迎えていなかった。


さてさて、信仰心などカケラも無い、バチ当たり者ではあるが、
一応、神仏の住む場所におジャマしたんだし
ご挨拶ぐらいはしておいた方がいいだろう^^;
いやいや、どーもなんてね。


儀式的ではあるが、お賽銭にあえて5円を選んで投げ入れ、
柏手を2つ、小気味よく重ねる。



  パン、パン ―――。


  あ、ちがった。お寺でしたねえ~^^ ;
  手のシワとシワを合わせて、シアワセ~
  の方ですよね。ナム~~。



失礼はしましたけれど、カクカクシカジカ
あれやこれ、こんな願いだけど、どうかよろしくね、
頼むぜよと、ていねいに、ていねいを重ねてお伝えしもうした。


そして、ご挨拶のあと、ふと見上げると
本堂のガラス戸の向こうと、こちら側の緑の背景が交差して、
不思議な光景を作っていた。


何だか不可視世界への扉のようである。
でも、それは怨念渦巻く禍々しいものではなく
自然の中で精霊たちが舞い踊る清涼感ある世界のようである。



でもこのタイミングで突然、
ガラス戸の向こうを巫女さんか何かがすう~っと通ったりすれば、
きっとカラダはフリーズしてしまうんだろな^^



それはともかく、このガラス戸は、
北欧のテキスタイルデザインに通じるデザインで、美しい。
レトロモダンである。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。