続・アウトドアマンのためのある実験

アウトドアで、いかに手数を少なく、カンタンに
「至福のとろ~り黄身体験」を味わうか。
通称、温玉作戦の続編です。

この記事はアウトドア温玉作戦に賛同いただいた
91 OUTDOORLIFE さんとの共同企画なんです。

ちなみに、この91さん(kabusaruさんでもあります)のブログサイト
1日に500アクセス以上あるスーパーブログなんですね。
当方もアウトドアはそこそこですが、ギア好きなので、すでに虜^^;
文面も企画も面白いし、マニアでなくても楽しめますので、
みなさん、ぜひ覗いてみてくださいね~♪

- - - - - - - -- - - - - - - -- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

前回は雰囲気は温泉玉子で、黄身がゆるかったんですね。
そうかあ、このカップだと温度が下がっているんだな、
だから黄身が固まらなかったんだと解釈しました。

そこで、アウトドアならではの保温アイデア「熱湯ブタ」!

保温アイデア
解説しよう。
玉子を入れ、カップに熱湯を注ぎ、
その上にシエラカップを載せて、さらにその中にも熱湯を注ぐ。
漏れだす熱を、熱でフタをする。熱をもって熱を制すのである。
アイデアフル~♪ (でもコレ、結果に関係なかったみたい^^;)

そして待つこと20分。見つけたアイデアに酔いしれ
成功以外の結果は想像していなかった・・・

キミだけがゆるゆる系
やっぱり黄身はゆるゆる系・・・ なぜだ? orz  


必見!アウトドアの"な"ギアブログ 91 OUTDOORLIFEでも、
「Aladdinクラシックマグ」で
この温玉作戦のレポートがありますよ^^



えてみれば、手抜きをしていたんですね。
晩ご飯のタイミングの関係で、玉子を常温にせず冷たいままだった。
だってねえ、おかずですから^^;
中に熱が届いてないみたいだし、たぶんコレが原因。

黄身は70℃、白身が80℃で固まるはずなのに、
白身だけが温泉玉子ぽいのは、逆じゃん^^;
つまり、内部が冷えていたせいで中心まで温まらなかったんだな。
納得。温玉の真理を探求する者としては、やってはならない過ちだった^^;


           ・ ・ ・


翌日。今度は常温玉子を使って、実験へ。
ただ昨日の考察に自信がないから、また余計なことをする^^;

(たぶん、しなくていいけど)
 沸騰したお湯でまずはカップを温める。
 常温の玉子をそっと保温カップに入れる。
(20分ぐらいだと、温度は冷めないだろうけど)
 昨日と同じく。熱湯を入れたシエラカップでフタをする。


そして20分。温泉玉子、ついに完成!
クリックすると画像が大きくなりますので、ぜひ見てください。

完成_温泉玉子


味? そりゃウマかったですよ^^
「至福のとろ~り黄身体験」でした。


1回目の実験のあと、少しここで勉強しました。
冷凍玉子の温泉玉子とか、面白い記事がありますよ!
ココも実験だし^^;

目からウロコ 卵の実験 温泉卵の作り方

Comment

birdyさんお疲れ様です!

温玉作戦パート2しかと受け止めましたよ!

しかし残念ながら出張中の身の為に、実験は暫く保留です!

それにシエラカップ買いに行かないといけませんし(笑)
birdyさんスイマセン!ななしのゴンベイになってしまいました(笑)
91さん、こんばんは

昨日はうっかりコラボ企画であることを忘れて
記事をまとめてしまいました。すみません m(._.)m
その分、前半でしっかり宣伝しておきましたよ^^
改めて考えると500アクセス/日って、すごいですねえ。

ところでシエラカップはたぶん無くても同じだったと思うので
91さんは常温玉子で20分でどうでしょか?


birdyさんお疲れ様です!

そして宣伝ありがとうございます!いやはやちょっと誉め過ぎですよbirdyさん(笑)

アクセス数のほとんどが91メンバーですから(笑)組織票です。

シエラカップ無くても出来るか試しますが、ただシエラカップが欲しいだけなんです(笑)
91さん、おはようございます。

うちのは本物じゃなくて、スノーピークのアルミです^^;
やっぱチタンは高いんでねえ。
ところで明日は富士の裾野でキャンプにいってきます。
ではまた
birdyさんお疲れ様です!

今日田貫湖に91メンバー集合してますよ!ニアですねきっと(笑)
91さん、お疲れさまです。

田貫湖ですか。 こちらは、やまぼうしオートキャンプ場でした。
富士山を挟んで東西ですね。直線距離だと25kmぐらい^^
ニアです、ニア。MSRのアウトフィッターウィングが1張あったので
ひょっとすると91メンバーの方かなと思ったりしてました^^;

やまぼうしは、11月に入って寒いのに3連休のせいか、
かなりの込み具合でした。そちらもでしょうね。


立派な温泉卵が出来上がったんですね!
(何気に器のお魚が可愛いですね!)
うちは保温カップがないので、残念ながら試すことができませんが、
リンク先に載っていた炊飯器を使って作る方法なら実践できるので、
今度試してみようと思います~。
温泉玉子つくり、なかなか奥が深いですね。
理科の実験ぽくて楽しくなってきましたね。
それでちょっと基本の質問、温泉玉子の黄身ってどんなかんじでしたっけ?半熟までいかないトロトロみたいな感じだったけぇ~??食感がとても好きだったのにちゃんと思い出せない。今更ながらのとぼけた質問でした。
  • 2008/11/04 18:12
  • minimi23
  • URL
ノルさん、こんばんは

保温カップが無くても、カップ麺の
発泡スチロールのカップでもできるみたいですよ。

ところで炊飯ジャーの保温でつくるのは、
水入れないんでしょうかねえ??
リンク先の文面では、そうとれますよね。
うまく行ったら、ノルさんちのブログで
取り上げてくださいね^^


minimiさん、こんばんは。

温泉玉子の黄身は半熟に近いけど、
もう少し柔らかい感じでしょうか?
トロトロだけど液体ではない
半分固体って感じかなあ。
これに醤油を混ぜて、熱々のご飯に
かけるとうまいんですよ^^
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。