したまち逍遥 ~ 谷根千 2

谷中、根津、千駄木。略して谷根千(やねせん)。
ここは、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」に描かれた
時代や風景を彷彿させる場所。


谷根千2

まずは谷中銀座。商店街の規模としてはたぶん小さいが
この商店街はかなり元気。人出も多く、一軒一軒に活気があった。


屋根の上には、統一された看板と切り絵のパネル、
そして商店街のシンボルである木彫りの猫。
この猫というキャラクター、カジュアルで
なつかしい感じで、下町にはぴったりの存在だ。


谷中銀座_看板

屋根の上とは別に、もうひとつ横にせり出しているのがこの看板。
ヨーロッパの街に飾られていそうなスタイルだが、
商店街の風景にうまく馴染んでいる。
こちらは見ての通りの鶏肉屋さん。



谷中銀座の主役

八百屋さんの軒先で、マスコットとして働いていた猫。
「ひょっとして、ねこ社員?」と聞いたのだが
お休み中で返答はナシ。よく見ると、真っ白な猫だし^^;



丁字屋

そしてこちらは、根津にある「丁子屋(ちょうじや)」さん。
明治28年から続く染物・洗張りの店。
ひなびた佇まいが魅力の建物である。



格子戸から

店内には日本手ぬぐいをはじめ、鮮やかな染物が所狭しと並ぶ。
伝統の柄に、モダンな柄、中にはミッドセンチュリーテイストも。
どれを選ぶかは非常に困難。どれも甲乙つけがたく選びきれない。


迷った末に、この丁子屋さんで手ぬぐいを1本購入。
どんな柄にしたのかは、次のおみやげ記事編で^^


Comment

こんばんは、お邪魔しております。
谷根千の商店街の雰囲気、とても素敵ですね^^
本当に「ALWAYS 三丁目の夕日」を思い出しました。
「丁子屋さん」の写真がモノクロなのも良いですね。
それにしても屋根のネコがとても可愛い^^、そして寝てる白猫さんも。どの写真も和みますね。

他の記事も拝見しました。
フライは色とりどりで形いろいろ、綺麗ですね。
お料理はどれも美味しそう~♪
そして鳥さんの写真は、とても可愛らしいのたくさん!
またお邪魔させてくださいね。
Simcoさん、こんばんは
ありがとうございます。
あまり褒められると恥ずかしくなりますので^^;

いろいろ見ていただいたようで恐縮です。
それにしてもSimcoさんところの
ヒバリの黒カレイ飛びはめちゃ受けです^^
あー、こんな紹介の仕方もあるのかと・・・

ガツンとやられました^^



Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。