10年たっても飽きない音楽 (4) Propaganda / A Secret Wish

A Secret WishA Secret Wish
(2002/11/25)
Propaganda

商品詳細を見る

80年代の初期に生まれたZTTレーベルは、当時生まれたばかりの
サンプリング・マシーンを多用した新しいサウンドが特長で、
当時はThe Art of NoiseやFrankie Goes to Hollywood、Anne Pigalle、
そして今回紹介するPropagandaを聴きあさったものである。

それから20年。The Art of Noiseに関しては音作りの面白さは感じるものの、
聴く曲は少ない。そしてFrankie Goes to Hollywoodは
今やどうでもいいバンドだし、Ann Pigalleは、もはや思い出せない始末。

しかし、Propagandaのこのアルバムだけは、未だに手放せない1枚だ。

何よりもメロディラインと曲の展開のうまさがいい。
私は「Duel」「P-Machinary」「Dream within a Dream」「The Chase」の4曲が好きだが、アルバムを通して楽しめる内容だと思う。

サンプリングも多用しているのだろうが、ZTT的なサンプリングミュージックではなく、
良質のエレクトロニック。デジタルを生かしたソリッドなビートに、
丸みのある女性ボーカルが気持ちよく絡む感じである。

再評価されているのか、YouTubeでもいくつかのムービーが見つかった。
下に貼っておくので、よかったら聴いてみてほしい。

■Propaganda / Duel







Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。