ダッチオーブンで、本格チャーシュー


焼豚


    餃子、焼売ときて、今度はチャーシュー。
    最近挑戦する料理は、
    どうも中華方面になっているなあ。


    実は昨年の7月末に「ダッチオーブンで煮豚」
    挑戦はしているんです。うまかったですよ^^
    でもね、今回は煮豚じゃないんす。
    本物の焼豚「叉焼(チャーシュー)」です。


    さあ作るゾと「焼豚 レシピ」でググってみると
    出てくる、出てくる煮豚のレシピ。
    焼豚はドコだ? なかなか見つからない・・・。
    煮豚を焼豚として出してるラーメン店もあるしねえ。


    そして見つけたのが、こちらZackinさんのレシピ
    ダッチオーブンレシピじゃなかったけど
    豚肩ロース肉の量以外は、
    ほぼこのレシピのまんまです。


    ダッチアイコン

    仕込みは前日の夜から。
    ビニール袋に漬けダレと豚肩ロース(約600g)を入れ、
    20時間ほど漬け込みました。

    ■漬けダレは・・・
    しょう油、紹興酒、甜麺醤、ゴマ(芝麻醤の代わり)
    塩、おろしニンニク、おろしショウガ、
    卵黄、五香粉(ウーシャンフェン)

    ・・・とこんな感じ。


    甜麺醤とおろしニンニク、しょう油の組み合わせは
    焼き肉のタレにも使えそうな、いいお味です^^


準備完了


    そして、今回はキッチンでオーブンとして使うから
    久々の上火ヒーターの出番です。


    こびりつき防止のため、ダッチオーブンの底には
    アルミ箔を敷いて網を載せておきます。
    フタはガスコンロ&上火ヒーターであらかじめ加熱。


    豚肉を投入し、温度計を見ながら
    180℃あたりの熱にキープ。
    30分で裏返し、また30分加熱。



ただいま焼き豚中


    こんな感じに焼け上がりました。
    金串を刺して温度と肉汁をチェック。ヨシ、大丈夫!



    ダッチアイコン

    そして、ココからが焼豚の一番大事なところ。
    水飴を塗ってヤキを入れてやる~!^^


    ■仕上げの水飴は・・・
    砂糖、紹興酒(元レシピは水)、しょう油


    ハケで水飴をていねいに塗りこんで、再び180℃に加熱。
    裏表を10分ずつ焼いて完成しました。


    はっきり言ってメチャウマ!
    もうプロの味ですね。
    あ、自分の腕じゃなく、このレシピの完成度。


    漬けダレは混ぜるだけ。
    そしてビニールに入れて冷やすだけ
    なので意外とカンタン。


    普通のオーブンだったら、さらに焼くのもカンタン。
    本格チャーシューづくりが、こんなにラクだなんて
    思ってなかったですね。

    Zackinさん、どうもありがとうございました。


Comment

こんばんは~。
またまた目に毒なものを…。味を想像してよだれが……。
仕上げの蜂蜜も味の決め手のひとつでしょうか。
美味しい豚肉探して、作ってみたいなあ。
Zackinさんのところにもお邪魔してきました。
たくさんレシピ載せられてるんですね。
他にも試してみたいのいくつかあったのでブクマしました。
いいところ教えてくれてありがとう♪

↑上のキリンのイラスト、可愛い~。
私、絵心ゼロのヒトなので、ただただ感心、尊敬してしまう。
ポータブルアニマルの再開楽しみにしています。
楽しいキャンプを!
  • 2009/11/06 18:37
  • binbird
  • URL
binbirdさん、こんばんは^^

五香粉(ウーシャンフェン)もそちらで
たぶん揃いますよね。なくても大丈夫だと思いますが
かわりに八角のカケラと山椒入れた方がいいかも。

作るのはかなりカンタンでしたよ^^
わざわざダッチオーブン使わなくてもOKです。

キリン、お気に召しました?
よかった。下書きの上に紙をのせてトレースを繰り返して、
何とか人様にお見せできるようにしています^^

ポータブル・アニマルの次の写真
がんばりますね^^

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。