コンセントにご用心

すみません、またポタマルの記事で^^;
最近はなかなか他のコトに手を出せていないんですよね。

ネタはいろいろ考えてはいるのですが、
書く時間が正直取れていません^^;


ダッチオーブンやその他の料理も
作ってはいるんですが、いずれも過去に作ったものばかり。


一応、自分なりに「!」のある記事を
アップしたいという気持ちがあるもので^^;
何かアイデア的なものが少しでもあれば
ネタにしようと思っていますが・・・



コンセント

さてさて、
今回のポタマル35の小道具は、写真のコンセント。
厳密には電源プラグというべきでしょうか?


誰もが見慣れたこのコンセント、みなさんもご注意ください。
ある日突然、姿をかえてしまいますからね。


わが家でも土曜に異変が起こりました。
あ、感電とかそういう類いのものではないですよ。


気になる? 気になりませんよね(笑)
ポタマルの記事とか、あんたさっき言うてたやん(なぜか関西弁^^;)
ま、時にはコンセントがコワくなる、そんな日もあるんです。

そう、あるんですよ(笑)


引かずに確認に行きませんか?

ポタマル35 誰だ?

Comment

こんばんわ。
コンセントで怖くなる生き物と言ったら蛇かなと思ったら、
当たってしまった!!。

当たった瞬間、体がビリビリきました。(笑)
  • 2010/03/29 20:03
  • ひ げ
  • URL
ひげさん、こんばんは^^
そう正解です^^

正解者にはゴメン、何にもありませんが
投げキッスでもこのあと送っておきますね^^

ちゃんと受け止めてくださいよお~
そっちの方がビリビリしちゃうかも^^;

No title
まるで生き物みたいで、とっても躍動感のある写真ですね・・・。いつも。
  • 2010/03/30 17:14
  • てのりぱんだ
  • URL
  • Edit
No title
Birdyさんおひさしぶり、元気?
私は元気です。
ポタマル、いつの間にか略されてるわ、35だわ。ポタマルブログもできたのね。
チーター君警戒してますねぇ、コード蛇、今にもほんと動きそう。
  • 2010/03/30 22:22
  • minimi23
  • URL
てのりぱんださん、こんばんは^^
ありがとうございます^^
コンセントも生き物に見えました?(笑)
minimiさん、こんばんは^^
ホント久しぶり。元気ッすよ!

そうポタマルって略称も、意外と続いていることも
ギャラリーブログ開設も、いろいろ変わってるかもよ。
そっちで忙しくて、他のネタが最近お留守ですけどね^^;

また、ちょくちょく見に来てくださいな^^





お帰りメッセージは、
minimiさんとこに書いといたよ^^

ムムム。
コンセントをどう使うのかな~って、
アレコレ考えたんですけど・・・どれもハズレました!
(先っぽの形状に気を取られて、コード部分のことを考えてなかったw)

なるほど~♪ やわらか発想にビビビッです。
またまた素敵なbirdyさんワールドをみせていただきました!

やっぱエエわぁ・・・ポタマル♪
G.D.M.T.さん、こんばんは^^
先っぽの金具は一応キバのつもりですが、
前を向いちゃっていますね^^;


思いついたのはジャガーのポーズのおかげですが、
コンセントをヘビに見立てるのは
どこかにありそうなネタじゃないかなあと^^;


ところで、お忙しそうですね。
おからだに気をつけて、どうぞ^^
こんばんは
なるほど~~~。
いいアイデアだね。
動物じゃなくても、ニョロっとした感じが確かに出るね。
コンセントから、ビームが出るの?
そうそう、マダムminimiが元気で戻って来たね。
僕とっても嬉しいんだ。
クリちゃん、こんばんは^^
ニョロっとしてるでしょ^^
白いコードで使いやすくて、細めのがなかったから
ちょっと苦労したけどね^^;
白ヘビ様って感じにしたよ(笑)

ビームは出ないよ^^;
メカポタマルじゃないし、いまのとこ。あはは~^^

minimiさん、元気に帰って来たね^^
それだけで十分だね。帰還に乾杯するよ!
クリちゃんもミルクでつきあってね^^



この写真~
先日はお疲れ様でした
この写真カメラで見た写真ですね

birdy さんの職業を聞いて
そう言われればブログがそんな感じと納得した
まんた夫婦でした(笑)
まんたさん、こんばんは^^
まんたさんご夫妻こそ、お疲れさまでした^^
そう、この間お見せした写真です。

あはは、そんな感じがしますか?
まあ、出ちゃうトコはあるでしょうね^^;
エヘヘ・・・
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。