ダッチオーブンで、タンドリーチキン(1)

IMG_2765.jpg

香辛料をいろいろ調合してるとスゴイ量になったので、辛すぎないかビビったけど
仕上がりはマイルド系のタンドリーチキンになった。
マイルド系になったのはチリペッパーが手元になく、チリパウダーで代用したからだ。
また漬け込み時間も6時間程度なので、やや少なめだったかもしれない。
でも、ジューシーで香り高いタンドリーチキンになった。辛さ控えめなので、
子どもでも食べやすい味だと思う。

今回はダッチパン10インチハーフを使用。そこがコゲ付くとイヤなので
ナベ底にアルミ箔を敷き、底網の上に漬け込んだ手羽元を置いた。

ダッチパンとフタをそれぞれガステーブルでプレヒート。
フタの上に、UNIFLAMEの上火ヒーターを電源ナシの状態で設置し、温度を計測。
約180度になったところで、ダッチパンの中に手羽元を置きフタをする。

下火はとろ火程度、上火は180度から下がらないように上火ヒーターで加熱する。
温度計の上下に合わせて手元スイッチをON / OFF。ここでいちばん大事なのが
鼻というセンサー。コゲていないかナベに鼻を近づけ、常にチェックする。

そして・・・
鼻をクンクンさせながら約15分加熱し、中をチェック。コゲはないようだ。
さらに加熱が必要そうなので、外したフタを隣でプレヒート。
その間にトングで手羽元を裏返し、水蒸気を飛ばすために
加熱したフタを少しずらして設置。さらに上火ヒーターで180度あたりの温度にキープする。

10分ほど加熱して終了。もっと高い温度で加熱してもいいかもしれない。
軽いコゲ目が付いてもよかったのだが、まあ初回なのでイイやと終わりにする。
ダッチオーブン10インチでなら、もっと高温にするか、加熱時間の追加は必要だろう。

そして皿に盛って、試食。うん、ウマイぞ!かなりイケる。
ルッコラとトマトのサラダにもマッチ。事前に焼いたライ麦パンとも合う合う。

なかなかうまくいったので、明後日にぐらいまでにレシピをアップしますね。
ただ、中間で写真を撮っていないので、地味になるのは勘弁してほしい。

ところでダッチオーブン上火ヒーターはいいですよ。
高い高いとボヤいてたのは、もう忘れた(笑)
キッチンで上火を使えるのはやっぱいいね。炭火を使えればもっといいけど。

上火ヒーターをコードを外して載せたフタをプレヒートし温度をチェック。
好みの温度になったら、フタをダッチオーブンに載せ、上火ヒーターからも加熱する。
そんな使い方かな。いまじゃ買ってよかったと思っています。


UNIFLAME(ユニフレーム) ダッチオーブン上火ヒーター 661598UNIFLAME(ユニフレーム) ダッチオーブン上火ヒーター 661598
()
不明

商品詳細を見る

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。