ダッチオーブンで、タンドリーチキン(2)レシピ編

仕事で連日遅くなり、なかなか更新できなかった。
期待していた人はいないだろうけど、やっとレシピの公開ができるようになった。
尚、このレシピはオリジナルではなく、ネット上のいろんなレシピにアレンジを加えたもの。
birdy流レシピではなく、タンドリーチキンをダッチオーブンで作った記録として
捉えてもらいたい。




          タンドリーチキン



■材料 (約2人前)
*ユニフレーム ダッチパン10インチハーフと上火ヒーターを使用。

鳥 手羽元        500g
塩            適量

以下 漬けだれ (A)
タマネギすりおろし   中1個分     ターメリック  大さじ1
ニンニクすりおろし   2片分      クミン     大さじ1
プレーンヨーグルト   160cc       ナツメグ     小さじ1/4
レモン汁        大さじ2     チリパウダー  小さじ1
塩           大さじ1弱    パプリカ    小さじ1.5
黒コショウ       小さじ1/2




1. 手羽元の皮の部分を中心にフォークなどで突き刺して、味がしみ込みやすいようにしておく。

2. 塩を軽く振り、下味をつけ、しばらくなじませておく。

3. (A)の材料をすべて混ぜ合わせて漬けだれをつくる。味が偏らないようによく混ぜておく。バーミックスなどがあると、すりおろしもミックスも同時にできるので便利だ。
尚、チリパウダーの量を調整して、好みの辛さにしてもよい。ガラムマサラを混ぜてもよし、
香辛料の調合は自由でいいと思う。

4. (1)の手羽元と(3)の漬けだれをビニール袋に入れ、口を閉じる。袋の上からよくもみ込んで、冷蔵庫で冷やし、半日から1日ほど寝かせておく。

5. ダッチオーブンのナベとフタをプレヒート。ナベは煙が出るくらいに加熱し、フタはそれよりも高めにしておく。プレヒートが終わったら、コゲつき防止用のアルミ箔を敷き、下網をその上に重ねておく。

6. 手羽元に付いた漬けだれをおおまかに落とし、トングで下網に並べる。

7. 今回はフタを180度ぐらいに加熱して、上火ヒーターで温度をキープ。下火は弱火にして加熱。途中でフタを開け、肉そのものにコゲがないかをチェックしながら、約30分加熱した。

皿に盛って、できあがり。




お味の方は前回レポートしたように、マイルド系だが、中々のデキであった。
尚、漬けだれが焼いている最中にナベ底に落ちるので、アルミ箔は必ず敷いた方がいいだろう。


Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。