ダッチオーブンでピザ

ピザ


事前に仕入れていた情報によれば、ピザはできるだけ高温で焼いた方がいいとのこと。
火が弱いと具が下の生地を湿らせて、カリッとできないらしい。

なので、上火は250~300℃を目標にした。
鍋本体とフタをガステーブルで加熱しつつ、フタには上火ヒーターを載せさらに加熱。
焼いている最中は上が強火で下が弱火になるよう、鍋本体はフタよりやや弱めにしておいた。
フタをした後は、下火は弱火にするのをお忘れなく。

上火テーブルの温度が270度になったところで焼き始める。5分もすればいい
ニオイがしてきて、コゲが出ていないか鼻でチェック。
7分半ぐらいでフタを取って見たら、ちょうどいい焼け具合だった。

1枚目は底網の上に、アルミ箔を敷いたので裏面の焼きは少し甘くなったが、
全然問題ない範囲。表面は写真の通り。

2枚目はアルミ箔を使用せず、底網に生地を直に載せて焼いた。
こっちの方が良さそうだ。パリパリして、なかなかウマかった。

さて、今回は10インチハーフで底網を敷いて作ったが、10インチスーパーディープで
焼く場合は、上火との距離がどうしても出てしまうので
「UNIFLAMEのダッチオーブン底上げネット10インチ」を用意した方がいいだろう。

また上火だが、ピザの場合は長時間上下から加熱しないので、
フタをカンカンに熱くすればその余熱で焼けると思う。
ぜひお試しを。

ユニフレーム(UNIFLAME) ダッチオーブン 10インチスーパーディープ+『オリジナルキャリングケース』プレゼント
ユニフレーム(UNIFLAME) ダッチオーブン 10インチスーパーディープ+『オリジナルキャリングケース』プレゼント



ユニフレーム(UNIFLAME) ダッチオーブン底上げネット10インチ
ユニフレーム(UNIFLAME) ダッチオーブン底上げネット10インチ





Comment

こんにちは
頑張って下さい!!!また来ますね!!!我が家にも遊びに来てください!!!勿論、応援、ポチ、ポチ!!!
中里さん、こんにちは。
応援、どうもありがとうございます。
これからも頑張りますのでよろしくです^^

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。