絶品!「さんまのすり身鍋」

さてさて、先ほどの女川の「さんまのすり身」を使ったレシピです。


自画自賛ではありますが、めちゃウマだと思っております。
似たレシピもあるけど他とちがうのは、豚バラも使うところ。
要は豚汁にさんまのすり身のおいしさをプラスした鍋。
2つのうまみが合わさったおいしさなんですよ。


残念ながら、写真は今回用意できていません。


さんまのすり身鍋(2人前)

 <材料>
 ○さんまのすり身…200g(一袋)
 ○豚バラ肉…………150g
 ○味噌………………適量
 ○だし………………適量
 ○ニラ………………1束(セリやミツバでもOK)
 ○大根………………5cmぐらい
 ○ゴボウ……………2/3本
  キャベツ…………適量
  長ネギ……………1/2本
  舞茸………………1/2パック
  薄揚げ……………1枚

 ○印はマル必。後は適当でOKです。


 <作り方>
 ・ゴボウはささがきに、大根は薄切りしてイチョウに。
  全ての材料を、とにかく食べやすいサイズに切っておく。


 ・鍋にダシを入れ、そこで味噌を溶き、豚肉やさんまのすり身を追加。
  すり身はティースプーンで一口サイズぐらいを入れていく。


 ・後は、煮えやすいものを後から入れる程度。すべては適当でよろし。


 ・薬味は七味が合う。山椒も合うでしょう。
  鍋の後は、うどんがおすすめです。


 ・さんまのすり身を自分でつくる場合は、骨は外すこと。
  家庭用のフードプロセッサだと骨の粉砕は難しそうです。
  骨ごとにしようとして、痛い目に遭いました。


まあ、こんな適当なレシピですが、味を見ながら調整していってください。
ぜひぜひ、おためしあれ。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。